こだわりのOEM化粧品
プロの信頼に応えるこだわりの商品開発





ビアント通販はこちら

OEMで化粧品製造販売業許可なしで自社ブランドの化粧品を販売

  化粧品を製造することは、単に製造設備を導入するだけでは出来ません。

なぜなら化粧品は、製造を行うための「化粧品製造業許可」や、製品を市場に供給するための「化粧品製造販売業許可」が必要だからです。

これらの取得のためには厳しい基準をクリアしなければならないため、容易とは言い難いものがあります。

しかしながら、OEM(相手方ブランド名製造)を活用すれば、これらの許可がなくても、自社ブランドの化粧品を作って販売することが出来ます。

設備を持たないことは、設備導入にかかわる初期投資を抑える効果もあります。
これは新規に立ち上げるプロジェクトの場合、特に魅力的なメリットです。

化粧品の商品開発は、市場ニーズにマッチした製品をタイミング良く送り出すことが重要です。
化粧品の販売は、必ずしも有名ブランドが有利とは限りません。

化粧品の商品企画やブランドのコンセプト、消費者にとって魅力的な配合成分が含まれていることや、目新しい視点で作られた商品などが、ヒットする傾向にあります。

自社が化粧品販売会社としては無名であっても、化粧品市場における目新しさがむしろ好都合になる場合もあります。

ただ、化粧品製造販売業許可を取得し、製造に必要な生産ラインをゼロから立ち上げることは、費用的にも時間的にも非常に負担の大きいものとなります。

そこで、OEMによる化粧品ブランドの立ち上げという選択肢が有望になります。

化粧品のOEMは、化粧品製造販売業許可を取得していなくても、製造を委託するメーカーが化粧品製造販売業許可を取得していれば問題ありません。

許可を持っているだけでなく、製造を委託するメーカーが、自社の作りたい化粧品を製造することが可能かどうかは調べておく必要があります。

また、そのメーカーの得意分野を把握し、他社にない特徴を持っていると、よりよいといえます。

製造ロットの確認も重要です。
必要な数量、多すぎることも少なすぎることもなく、過剰在庫を抱えない範囲での製造が可能かどうかを確認する必要があります。

OEMメーカーとしての受託製造の実績があることや、製品化された化粧品の品質の高さに定評がある工場であるかどうかも確認しておく必要があります。

商品企画の自社における立案段階では、化粧品の種類、コンセプト、配合成分の希望などを固めておきます。

その後、化粧品製造販売業許可を保有しているOEM先の製造者と情報を共有しあって、具体的な製品作りへと進んでいきます。






HOMEプロメイク実績商品化フロー開発実績・事例商品のご提案工場案内会社概要